ガソリンの取り扱いに注意しましょう!!

《ガソリンの特性》

● ガソリンは【 揮発油 】といわれるほど揮発性が高く、引火点もおよそ-40℃と
 とても気体になりやすい物質で、常温では気化して蒸気を発生させる性質をもってい
ます。この蒸気は可燃性で、静電気などの小さな火花でも容易に引火し、爆発的に燃
焼する、非常に危険な物です。

 また、この蒸気は空気より重く、くぼみなどの低い所に溜まりやすいうえ、目にも
見えないため、その発生に気がつくことが難しく、火災の危険を非常に大きくします。


ガソリンは、このような高い引火性をもつ特性により、
取り扱い時は火気厳禁となっています!

 

《ガソリンの保管について》


● ガソリンを容器に入れて保管することは極力控えてください。やむを得ず保管する
場合は、消防法令に適合した金属製の容器を使用してください。
また、ガソリンの漏れやあふれを防止するため、以下のような場所での保管は避け
てください。

‣ 火の気のある場所
‣ 高温になることが予想される場所
‣ 温度変化の大きい場所
‣ 直射日光のあたる場所
‣ 置場が不安定な場所
‣ 他の落下物により損傷を受ける場所


 

《ガソリン取り扱い時の注意事項》


 周囲は整理・整頓し、火の気がないことを確認のうえ、万が一こぼれても、
人や周囲に影響がない、風通し・換気のよい場所で取り扱ってください。
 事前に消火器などの消火準備をしてください。
 容器は、取扱説明書などをよく読み、適正な取り扱いをしてください。
 容器は、破損・変形したものは使用せず、しっかり蓋を閉めましょう。
また、不用意に蓋を開けず、必ずガス抜きをしてから蓋を開けてください。
 自動車や発電機などに給油する際は、必ずエンジンを止めてください。 
 衣服や身体に付着した場合は、衣服を脱いで大量の水と石鹸で洗い流しまし
ょう。
 万が一こぼれた場合は、必ず拭き取るなどして回収をしてください。






《その他の注意点》


● セルフのガソリンスタンドで、顧客自らがガソリンを容器に詰替えること
は、消防法令で認められていません。

● ガソリンに限らず消防法で定められている危険物は、火災の危険が非常に
高いものばかりです。取り扱う危険物の特性を理解し、正しく取り扱いまし
ょう。
 




※ 参考として、『総務省消防庁のガソリンの安全な貯蔵・取り扱いに関す
る資料』と、『危険物保安技術協会のガソリン携行缶の正しい使い方の資
料』を添付いたします。ガソリンの取り扱いの際には必ずご確認ください。


▼KHKガソリン携行缶資料(PDF文書)
▼総務省消防庁 ガソリンの貯蔵取扱時の留意事項(PDF文書)






もどる


このページに関するお問い合わせ

川越地区消防局 予防課 保安担当
川越市神明町48番地4
電話 049-222-0744

 

Copyright(C)2014川越地区消防組合. All Rights Reserved.