川島町消防団

団長挨拶沿革組織・受持区域活動状況分団紹介団員募集リンク集

文字サイズ変更 小 中 大

川島町消防団の沿革


●川島町消防団の歴史

 川島町消防団の歴史は、明治27年2月9日勅令(第15号)消防組規則施行により、中山村・伊草村・三保谷村・出丸村・八ッ保村・小見野村の六ヶ村に消防組が創設されたことに始まります。
  昭和14年1月24日勅令(第20号)警防団令施行により警防団に改組され、その後、終戦後の制度改革の中で昭和22年4月に消防団に改組されました。
  昭和29年11月3日に六ヶ村が合併し川島村が発足したことに伴い、川島村消防団に改組、昭和47年11月3日町制施行により川島町消防団となりました。


●沿革

平成2年   8月22日   第16回埼玉県消防操法大会(ポンプ車の部)において、準優勝した。
平成4年   1月31日   川島町消防団第二分団車庫鉄骨造平屋建49.87平方メートルを新築した。
  2月13日   日本消防協会表彰『竿頭綬』を受賞した。
平成5年   12月16日   川島町消防団第五分団消防ポンプ車を更新した。
平成7年   2月17日   川島町消防団第一分団車庫鉄骨造平屋建60.3平方メートルを新築した。
    2月20日   川島町消防団第一分団消防ポンプ車を更新した。
    11月17日   川島町消防団第三分団消防ポンプ車を更新した。
平成8年   8月20日   第19回埼玉県消防操法大会(ポンプ車の部)に出場した。
平成9年   7月30日   川島町消防団本部指令車を更新した。
平成11年   3月5日   消防庁長官表彰『表彰旗』を受賞した。
平成12年   4月1日   消防団服制規則を改正。作業服及び作業帽の色、デザインを一新するとともに、布地にはリサイクル素材を使用した。
平成13年   3月28日   川島町消防団第四分団車庫鉄骨造2階建85.66平方メートルを新築した。
    4月1日   消防団服制規則を改正。夏服の色、デザインを新たなものとした。
平成14年   7月26日   災害活動及び訓練時の安全管理のため、編上靴を導入した。
    8月21日   第22回埼玉県消防操法大会(ポンプ車の部)において、 第5位に入賞した。
平成15年   3月21日   川島町消防団第五分団車庫鉄骨造2階建88.9平方メートルを新築した。
平成17年   2月 3日   川島町消防団第六分団車庫鉄骨造平屋建89.43平方メートルを新築した。
平成18年   3月 9日   川島町消防団第二分団消防ポンプ車を更新した。
平成19年   1月24日   川島町消防団第六分団消防ポンプ車を更新した。
    3月15日   川島町消防団第三分団車庫鉄骨造平屋建89.43平方メートルを新築 した。
平成20年   1月.31日   川島町消防団第四分団消防ポンプ車を更新した。
    8月23日   第25回埼玉県消防操法大会(ポンプ車の部)において、 第4位に入賞した。
平成21年   1月29日   川島町消防団本部指令車を更新した。
    1月30日   川島町消防団第五分団消防ポンプ車を更新した。
平成22年   2月 1日   川島町消防団第一分団消防ポンプ車を更新した。
    4月 1日   川島町消防団団員の定数を6人増員、定数124人とし、女性消防団員7人を新規に採用した。
平成23年   1月28日   川島町消防団第三分団消防ポンプ車を更新した。
平成25年   4月 1日   川島町消防団団員の定数を5人増員、定数129人とし、女性消防団員4人を新規に採用した。
平成26年   8月28日   第28回埼玉県消防操法大会(ポンプ車の部)において、 川島町消防団第五分団が優勝した。
平成26年   11月8日   第24回全国消防操法大会(ポンプ車の部)に川島町消防団第五分団が出場し、敢闘賞を受賞した。
平成27年   3月25日   災害活動時における指揮、連絡系統の充実強化を図るため、消防団デジタル無線機器を導入した。
平成28年   3月10日   災害活動の充実強化を図るため、各分団にチェーンソーを配備した。

home

Copyright (C) 川島町消防団. All Rights Reserved.